藤原道山、妹尾 武、古川展生@浜松市天竜壬生ホール 2006.9.20

藤原道山、妹尾 武、古川展生@浜松市天竜壬生ホール 2006.9.20_a0072337_2122045.jpg

男三人衆、久しぶりに集結して浜松へ演奏の旅に行って参りました。
天竜辺りを訪れるのは小学生の頃、家族で旅して以来。

平成十七年に、天竜川・浜名湖地域12市町村が合併して新「浜松市」になったらしい。

浜松で新幹線を降りて車で移動。

右に見えるローカルな佇まいの遠州鉄道に沿って北へ、
しばらくして天竜川を渡る。
午後の日射しが流れる水面に反射して美しい。

山の麓にある会場はまだ出来て間もないらしく、木を生かした洗練された建物だった。
後で聞くとなんと、総檜らしい。

↓リハーサルの模様
藤原道山、妹尾 武、古川展生@浜松市天竜壬生ホール 2006.9.20_a0072337_2271683.jpg

藤原道山、妹尾 武、古川展生@浜松市天竜壬生ホール 2006.9.20_a0072337_2175981.jpg

藤原道山、妹尾 武、古川展生@浜松市天竜壬生ホール 2006.9.20_a0072337_2181638.jpg

音を出してみると響きも良く、それを楽しみながら客席のみなさんと僕達の音のキャッチ・ボールが静かに始まる。

今年春、NHKの「しぶやライブ館」という番組の収録のために、僕がこの三人の音楽珍道中をイメージして書いた『Best Friend』という曲をバック・トラック無しで初めて演奏した。
尺八、チェロ、ピアノ、合わせてみれば何の違和感もない楽器、そしてそれを奏でる僕たちの組み合わせ。

必然か偶然か、それはわからないけれどそんな出逢いを大切に感じながら音の旅を続けられたらと思う。

この夜、三人揃って深酒してしまったのは言う間でもない。

翌朝、余韻もつかの間。
僕は浜松を後にして、プロモーションと取材を兼ねて二日間故郷の神戸へ。

そしてその次の日には河口湖で大好きな夏に別れ。


どうか晴れますように・・・



藤原道山、妹尾 武、古川展生@浜松市天竜壬生ホール 2006.9.20_a0072337_221773.gif
# by senoo1969 | 2006-09-20 17:00 | 日々徒然

『新大阪』  The Gospellers SOUL CONNECTION 09.16 on Air

『新大阪』  The Gospellers SOUL CONNECTION 09.16 on Air_a0072337_0113716.jpg

久々にゲスト出演のThe Gospellers SOUL CONNECTION、たまに会うと思わず「ただいま〜!」と言いたくなるほど付き合いの長い彼等。
スタジオの中は冗談も飛び交い、話も弾みます。

てっちゃんにもお約束でイジられました(笑)。
この日のゲストはSkoop On Somebodyのボーカリスト、TAKEさんと僕。
「ユニット組んだら武田武やね」ってなんじゃそれ?(笑)。

冗談はさておき、そのTAKEさんが9月20日に本名の「武田雅治」名義で
カバーアルバム『恋歌 〜THE LATEST J-LOVE BALLAD HITS COLLECTION〜』(←音が出ます)をリリースされたということで、そのなかに収録された『新大阪』をこの番組のリスナーのみんなにスペシャル・バージョンでお届けしようという訳。
『新大阪』  The Gospellers SOUL CONNECTION 09.16 on Air_a0072337_0121831.jpg

放送聴いてた人は解ると思うけど、てっちゃんと黒ポン(薫子)の夫婦漫才みたいなのが歌のなかに盛り込まれまして、ピアノ弾きながら最後は笑いこらえるの必死でした(笑)。

何が起こるか解らない一発入魂ライブ、無事に終わってホッ。

で、番組のホームページ用の記念撮影でてっちゃんが髪を短くした俺に「亀田選手みたいやからファイティング・ポーズや」の一言で、されるがままパシャっとシャッター切られました(汗)。
確かに写真で見るとおっかないね。

いやあ面白かった。

ご覧になりたい方はコチラ下段のMy Soul Mateへどうぞ。

『新大阪』  The Gospellers SOUL CONNECTION 09.16 on Air_a0072337_014872.gif
# by senoo1969 | 2006-09-16 22:00 | 日々徒然

『港めぐり番外編』 小沼ようすけ Motion Blue YOKOHAMA special 3days 2006.9.16

ご無沙汰してしまいました!
河口湖まで結構ハードな日々を過ごして参りましたが僕は元気でやってます。
足早に過ぎた九月を振り返りながら、順にレポートしていきたいと思います。
『港めぐり番外編』  小沼ようすけ Motion Blue YOKOHAMA special 3days  2006.9.16_a0072337_22515018.jpg

まずは横浜での小沼ようすけ君のライブにゲストで参加させてもらいました。
場所はみなとみらいの赤煉瓦倉庫にある洒落た大人のライブハウス、
motion blue yokohama。

小沼君とは去年の冬にクリスマスのイベントで知り合ったのがきっかけで、
今年になって道山君のコンサートで何度か一緒になって意気投合してしまった。
僕より先に海のそばに引っ越したニクいやつ。
少年の面影と大人の色気が交差するギタリスト、とでも言っておこうか(笑)。

そんな彼が書いた『Dawn』という曲が好きで一度セッションしたらますます好きになった、
旋律が晩夏の日射しみたいにゆっくりと胸を焦がす。
昔、伊豆の砂浜で迎えた夜明けを思い出して切なくなった。
彼とは好きな音の進行が似ている。

そんな曲をまた一緒に、しかもこんな港町で演奏できるなんて。
嬉しかった。
『港めぐり番外編』  小沼ようすけ Motion Blue YOKOHAMA special 3days  2006.9.16_a0072337_22561340.jpg

僕のオリジナルも一曲是非ということになって迷わず『渚橋』を選んだ。
この曲は、レコーディングで弾いていただいた天野清継さんを始め、
ライブではいろんな人達に弾いてもらっている。

それぞれの『渚橋』、どれも忘れがたい。
小沼君はまだ醒めきらぬ夏の夢を運んできてくれたような『渚橋』を奏でてくれた。
同じ海を見ながら頷くように、時折こちらを振り向いて音の波に合わせる彼の表情には誰にも真似の出来ない魅力がある。

そんな贅沢に輪をかけるように、もう一人のゲストは今井美樹さん。

二十歳の頃、
Pride、
Lady wants to know、
Feel like making love、
星に願いを、

語りかけるように、ひとつひとつの言葉をたいせつに歌う美樹さん。
振り返ると夢のようなひとときでした。
『港めぐり番外編』  小沼ようすけ Motion Blue YOKOHAMA special 3days  2006.9.16_a0072337_22571597.jpg


小沼君、そして横浜の夜に感謝です。

『港めぐり番外編』  小沼ようすけ Motion Blue YOKOHAMA special 3days  2006.9.16_a0072337_22583038.gif
# by senoo1969 | 2006-09-16 17:00 | 港めぐり日誌

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2.

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_19534449.jpg

『港めぐりツアー2006』、函館に行って参りました。

「はるばる来たぜ、函館〜」と言っても今は空の旅でたったの一時間、
ありがたいようなあっけないような朝の羽田からのフライトです。

九月に突入してしまったし、北の大地はもう肌寒いのかなという心配も吹き飛ぶほどの残暑の港町に、思わず足取りも軽くなりました。

去年のツアーは、クレモナ・ホールという晴れていれば函館の夜景を一望できる
場所だったんだけど、悪天候で何も見えないというハプニングに負けまして
今年は心機一転、港近くの明治から設けられた赤煉瓦倉庫内にある金森ホールというこれまたレトロな会場でやることになりました。
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_2014964.jpg

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_202362.jpg

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_20291216.jpg

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_20285711.jpg

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_2055268.jpg

レトロといっても夜になると赤煉瓦が可愛らしくライト・アップされていて、若干某東京Dランド的な雰囲気が漂ってました。ギャル受け狙いか?(笑)
個人的に、昔観た高倉 健さん主演の「居酒屋兆治」のストイックな男の港の印象が鮮烈だったので、ちょっと肩すかし食らった気分。
まあ日本でも有数の観光地だからな、しょうがねーか。

そんな僕が去年から函館でお世話になっているお気に入りの店がここ
「海の時計」という店。
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_20475366.jpg

港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_20494819.jpg

漁火通りという、粋な名前の海沿いの国道がありまして、
ちょうど金森倉庫と陸を隔てた反対側の大森浜という海岸の眼の前に建つアットホームな店です。今年は函館に着いて直行で立ち寄り、メチャ美味いランチを頂きました。
夏のシーズンでも浜辺に海の家とか建たないらしいのでほぼプライベート・ビーチ状態。
というわけで今回の写真のメインはこの店からの「もうしばらく夏と呼ばせて」
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_2194793.jpg
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_21111296.jpg
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_21113030.jpg

晴れた日には下北半島が一望,イカ漁シーズンには幻想的な漁火が眺められます。
何といっても海まで10秒ですから。
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_21132472.jpg

翌日、昼過ぎのフライトで早々に東京に戻らなきゃいけなかったので、
ホテルでチェックアウトするやいなや、もう一度「海の時計」のテラスへ直行!
浜辺を行き交うカモメを眺めながら晩夏の日射しを焼きつけて、名残惜しい気持ちを連れて空港へ向かいました。
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_21145075.jpg
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_2115477.jpg

今回の函館限定港めぐりハプニングは、本番前の午後、そのテラスで曲ができてしまい、その曲を本編最後に披露したことかな、いずれレコーディングしたいです。

今回お世話になった海の時計の遠藤さん、そして当日ゲスト出演させてもらったFMいるかのみなさん、そしてそしてコンサートに来て下さったみなさん、
北の港めぐりも良い思い出になりました。感謝です!
どうもありがとう。
港めぐりツアー @ 函館 2006.9.2._a0072337_212052.gif
# by senoo1969 | 2006-09-03 15:52 | 港めぐり日誌

港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27.

港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1856065.jpg

『港めぐりツアー2006』、長崎に行って参りました。

門司港の翌日、博多駅から特急「かもめ」に乗って終点長崎駅へ。
この列車は長らく旧国鉄時代の車両を真っ赤に塗った「赤いかもめ」が活躍していましたが、
2000年春、日本と阿蘭陀の交流が始まって400年という記念すべき年にあわせて、
「白いかもめ」の新型車両にリニューアルしたそうです。
車体横にはかもめをイメージしたシンプルなエンブレムが刻まれています。
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_192777.jpg

会場は、旧香港上海銀行長崎支店記念館。
南山手にほど近いこの辺りは幕末から明治時代にかけて外国人の居留地だったところで、 現在も多くの洋館が点在する異国情緒豊かな界隈です。
去年初めてここでピアノを弾かせてもらった時、響きの良さと雰囲気にノックアウトされました。
そんな場所で今年もコンサートができて嬉しかったです。
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1945875.jpg

港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1974630.jpg

ちなみに僕が初めて長崎を訪れたのは1994年。
どうしても端島(軍艦島)を見たくて行ったのが最初です。

炭鉱で栄えて消えたいった小さな島の街。
少年の頃に観た公共広告機構のCMの映像が目に焼き付いていて、
それがこの島だと知っていつか行ってみたいとずっと思ってた。
振り返れば昔から島とか好きだなオレ(笑)

この小さな島に大正時代に建設された日本最初期の鉄筋コンクリート造の高層アパートを皮切りに、高層アパート群が次々に建設され、各棟をつなぐ複雑な廊下は通路としても使われ「雨でも傘を差さずに島内を歩ける」と言われたといいます。
実際に散策したけど本当に迷路みたいだった。(現在、島への上陸は禁止されているらしいです。)
僕はその当時、一枚の古い地図を片手に、この端島にいちばん近そうな野々串というところでバスを降りてふらっと港へ向かい、漁師さんに東京から来た学生ですと無理を言って安い手持ちの金で渡航してもらった。
懐かしい夏の冒険の旅であります。
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1982139.jpg

僕が1994年と鮮烈に記憶しているのは、たまたま端島を訪れたのが閉山20年の年だったから。閉山して行く先も知れず、悲しみに立ち止まりながらも必死で生き抜こうとした人たちのメッセージが20年越しに聞こえてくるような気がしたのを今でも覚えています。

不思議だったのは、今では廃墟になってしまったその島に在るはずのない生活のぬくもりや人情が残照のように感じられたこと。おそらくこの島には住んでいた人たちの想いや魂が住み続けているのだろうと思った。
出来るなら栄えていた当時の端島で出張コンサートをやりたかった。
実は僕が書いた「キセキノハナ」や「いま、会いにゆきます」はこの場所もルーツの欠片だったりします。
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1991133.jpg

そんな思い入れのある長崎での二回目の「港めぐりツアー」、
その本編ラストで弾いた「キセキノハナ」で花火が上がるというハプニングもありました。
さらにそのあと同じ空からざあざあと雨が降るという、まさに出逢いや別れの交差する思い出深い夜になりました。
みんな無事に帰ったかな?
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1910036.jpg

偶然、中学時代の先輩が単身赴任で近くに住んでいるからと観に来てくださって、そのあと朝方まで約二十年振りの再会に杯を交わしました。
一瞬、詰襟時代の自分に戻った気がしました。
そんな長崎は僕にとって奇蹟を呼ぶ街とでも言っておきましょうか。
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1910342.jpg

来てくれたみなさん、ありがとうございました。
次は函館です。
港めぐりツアー @ 長崎 2006.8.27._a0072337_1911485.gif
# by senoo1969 | 2006-09-01 19:14 | 港めぐり日誌

拝啓 初夏の候、セノオタケシです。2017年6月以降よりFBをメインに日々の出来事を綴っております、よろしくお願いします。


by 妹尾 武
プロフィールを見る
更新通知を受け取る