夢が夢なら


Album 『 刹那』 / 小沢健二 (2003) より

a0072337_15545355.jpg


もともと、1996年にシングルとしてリリースされた曲。
転調を繰り返しながら最後にもとの調に還るこの曲は、
日本の四季の移り変わりやさりげない日々の想いを綴った見事な一曲だと思います。

そんなさりげない毎日のなかでふと、嬉しい便りが届いたりします。
先日久し振りに、僕をヨットに乗せて下さった
湘南のヘミングウェイ様からメールをいただき、
そこには素敵な一言が添えられていました。

「まわり道は生きる糧。」


一昨日、僕がまだ詰襟の頃に初めてオーケストラと共演した
「Rhapsody in Blue」という曲を、23年振りに東京の紀尾井ホールで弾きました。

1984年、ロス五輪。

あの山下泰裕氏が柔道で金メダルをとった年。
開会式で84台のグランドピアノという
壮大な仕掛けで奏でられたガーシュインの名曲。

それをテレビで観ていた僕は興奮と感動冷めやらぬまま楽譜を買いに走り、
気がついたら来る日も来る日も遮二無二練習してた。
そしてこの曲をいつか絶対にオーケストラと演奏するんだと願っていたその年に、
武者震いするような夢は意外と早く叶った。
先生が演奏会のソリストとして、僕を推薦して下さったのだ。
やんちゃで怖いもの知らずの僕に、
チャンスをくれたその当時の先生には本当に感謝したい。
a0072337_19143320.jpg

学校帰りにパンをかじりながら遠回りした坂道、
裏切り、仲直り、握手、約束、授業をふけて繰り出した街、
電話のむこう、つないだ手、天体観測、尾道旅行、部活、試合、汗、涙、寄せ書き、
挫折、喜び、友、卒業、別れ、未来。

きっとこんな日々は永遠に続くんだなんて口笛吹いてた僕。

a0072337_19182358.jpg



1984年と2007年の自分が誇らしげに肩を並べて連弾した夜。
本当にいろんな人達に支えられてここまで来たなとしみじみ思った。



←その当時のセノーです。(笑)


「まわり道は生きる糧。」

素敵な言葉だと思わない?
思えば僕も遠回りしてきた。
大学は二年留年した。
僕が初めてCDを出した年に震災で親友が死んだ。
何もかも嫌になって路頭に彷徨った日々。
自分を見失うくらい闇のなかを歩いた。
きっと彼が生きていたらそんな僕を殴り飛ばして抱きしめてくれただろう。
昨日じゃなく、明日じゃなく、今を生きなければ。
失くしたものを無駄にしないように。
次第に僕は本当の強さを学んだ。
旅先で出逢った空、海。春の花や蝉の抜け殻。
肩を叩いて励ましてくれた人達。
気がつけば、ふとした途中下車で随分と結構な宝物に出くわした。
そんな回り道のなかで出逢えたものは、偶然ではなく必然のような気がする。


数えきれぬありがとうを、今日もあなたに。

a0072337_16222945.gif
Commented by moppy at 2007-03-08 19:05 x
こういう時、自分の表現力の乏しさに口惜しい思いをするのですが、ただ良かったーじゃあ言い尽くせない。
ラプソディ イン ブルー 鳥肌たって、うっとりして、とても幸せな気持ちになりました。
すごく大人な感じのこの曲、中学生で弾いてしまった妹尾さん、「神童」とか言われてらっしゃったでしょう?
一つの曲がその「時」を、それからの「歳月」を走馬灯のように鮮やかに甦らせてくれることってありますね。
もう現実として存在しない時間の流れを思う時、今を大切に、今こうしていられる事に感謝しよう・・・と思いました。
若いときは、本当に「今」が永遠に続くと思っていました。失って初めて気付いた、大切な「時」。
でも、「今」が一番新しい「時」なのです。
あのラプソディ イン ブルーを聴いたことも、もはや過去ですが、こんな素敵な時を重ねながら、
これからまた刻まれていく歳月を大切に生きようと思います。

Commented by y_natsume1 at 2007-03-08 21:32
妹尾さんのピアノの音は、なんとなく鎮魂歌だと思ってました。 震災のこと、詳しくは存じませんでしたが、いろんなことがあったんですね。
まわり道は生きる糧、か。 僕は今この時も、まわり道をしているような気がします。 何を求めてまわり道しているのか、まわり道すること自体が面白いのか・・・。 そういえば、まわり道は子供の頃の、ステキな時間だったよねぇ。
Commented by まきぞう at 2007-03-08 23:43 x
「まわり道は生きる糧。」
本当に素敵ないい言葉ですね。

先を急ごうとしているのか、それともまわり道をしているのか・・・。
今の私は、どちらも当てはまるかもしれません。
でも、まわり道したって良いんですよね。きっと、そこには、そこでしか出会えない何かがあるんだろうから。
そう思ったら、何だか少し、肩の力が抜けた気がします。

妹尾さんが昔のご自分と連弾出来たのも、まわり道のおかげでしょうか。
そして、そんな妹尾さんのピアノの音に私が出会えたのも、偶然じゃなく必然だったんだと思います・・・いや、そう「思いたい」です。

だから、妹尾さんにも、ありがとうを・・・です。
Commented by みるひゃ at 2007-03-09 01:29 x
まわり道かあ・・・。
歩いている本人にはちっとも「まわり道」じゃなくても、他の人から見ると
すっごい「まわり道」だったりするのかもしれませんね。

でも、どの道も自分の意志で歩いてきた道はきらきら輝いていてとっても素敵な道だと思います。
・・・よ~く考えると、私も「まわり道」ばっかしだろうしね^^;
走ったり、転んだり、立ち止まったり。
でも、自分が選んで歩いてきた道だから、妹尾さんに出逢えた、
素敵な音や仲間たちに出会えたのでしょうね。

そして、これからも私たちにとっては「限られた刻」のなかで切ない思いをもっとする日があったとしても、他人から「まわり道」だと笑われても、自分の選んだ道を後悔したくはないですね。

でも、たまにはね。あの夏の日に「ホンシャン」から妹尾さんと見上げた長崎の空、ゆっくり眺めていたいな・・・。

あの日は「曇り空」だったですけどね。^^;
Commented at 2007-03-09 01:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-09 03:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by シホ at 2007-03-09 17:34 x
言葉ではうまく言えないのですが、今回の「夢が夢なら」、読み終えて感動しました。そして勇気をもらいました。
そんな想いが妹尾さんの音に繋がっているのですね。
これからもずっと応援させて下さい。ありがとうございました。
Commented by 隆弘 at 2007-03-09 17:51 x
初めてコメントさせてもらいます。
妹尾さんのCDに出会ってその心地よさにはまり、
去年、鹿児島でコンサートを観させてもらって以来、お人柄を知ってますますファンになりました。自分もたくさん辛い経験しましたが、妹尾さんの「星霜」ですごいパワーをもらいました。大学で剣道を続けていますが
妹尾さんの和に対する構えみたいなのが格好いいと思います。
こんな音に会わせてくれた妹にも感謝します。これからもがんばってください。それから古武道の方もかなり期待してます!
Commented at 2007-03-09 18:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kayo at 2007-03-09 18:59 x
湘南のヘミングウェイ様をはじめ、せのおさんの周りには素敵な人達がいらっしゃるのでしょうね。私がせのおさんのピアノに出逢えたのも必然だと思ってます。これからも私たちを音楽で励まして下さい。
本当にいつもありがとうございます。
Commented at 2007-03-09 22:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ウィズ・ユー at 2007-03-09 23:08 x
素敵な写真の数々と、ピアノの音色と同じく、妹尾節が随所に感じられる文章を、いつも楽しませて頂いてます。

今、見ていてびっくりしたんですが、この写真、確か最初はなかったですよね?
何という貴重なお写真!よくぞアップして下さいました!まだ幼さの残るこんなお顔で(失礼!)、堂々とあの曲を弾かれたんですね。感動です!

「まわり道は、生きる糧。」…きっと核となる何かを見つけた時、まわり道も、それまで無駄に思えてたことも、すべてがが生きる糧に転換するんでしょうね。
「ラプソディー・イン・ブルー」と妹尾さんとの運命的な出会いが、妹尾さんに核となるものをもたらしたのでしょうか。

昨日、久々にゴスペラーズの「Sweet」を聴きました。あの独特のピアノの響きに、今更ながら心奪われています。不思議な音ですね。ピアノと歌の絡み方が絶妙なんですが、ピアノだけで聴いたらどんな感じになるのかなぁと、必死で想像してます。(笑)

それでは、5月の古武道のアルバム、楽しみにしています。
Commented at 2007-03-09 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-10 01:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みるひゃ at 2007-03-10 02:41 x
おお!写真が増えてる(爆笑)
過ぎちゃったけど、3月9日は3(サン)9(キュー)で、「さんきゅ!」
・・・『ありがとうの日』だったんですって。

コメント入れてから思ったんだけど、「めぐりあわせ」って本当に不思議なものだよねと思いました。
出逢うタイミングが違っていたら、果たして・・・?

もしも、私が神戸生まれ・・・というか、あのときに妹尾さんとクラスメイトだったりしたら・・・きっと、一線引いて私の中の「近寄りがたい人物」リストに入っていたかもしれません(爆笑)
妹尾さんもそーなっていたかも^^;
・・・当時の私はお堅い委員会系人間でしたので(たはは)

出会いは、偶然でなく必然とは言うけれど。どこでタイミングの糸が絡まるかわからないものですよね。もしかすると、可能性はあったかもしれないね。

 年齢だけなら『同級生』のみるひゃでした^^;
Commented by Maya at 2007-03-10 02:53 x
その当時のセノーさん、華麗なる御曹司って感じですね(笑)。
でも意外と変わってないかも。
苗場の余韻がまだ残りっぱなしです。
今回の文章、胸を打たれました。

Commented by senoo1969 at 2007-03-10 03:45
to moppy
「神童」なんて言われてないよ(笑)だいたいの人から「タケ」もしくは「タケちゃん」と呼ばれてました。素敵なコメント、ありがとう。
to y_natsume1  
ステキな時間でしたね。プール帰りのフランクフルトとか(笑)。
to まきぞう 
こちらこそ、ありがとね。
to みるひゃ 
鮮烈に覚えてるよ、旧香港上海銀行長崎支店のライブ。今年も是非。
ちなみに俺は中学高校共、男子校です。故にクラスメイトはなかったな(笑)。
to シホ
オザケンの詩はグっとくるね、書き込みありがと。
to 隆弘
剣道か、いいな。こちらこそいつもスポーツにパワーもらってます。
これからも妹想いの素敵な兄ちゃんでいてください、ありがとう。
to Kayo 「湘南のヘミングウェイ様」はマジで素敵な方です。
to yoko どきどき・ワクワクの春、お互い元気よくいきましょう。
to ウィズ・ユー あの頃は今より怖いもの知らずでした(汗)
to Maya 
ええ、昨日もカレー食べました、GのK君の影響ではないですが(笑)
最近は家で炊く五穀米に凝ってます。
Commented by 愛子 at 2007-03-10 11:15 x
ほんとに、ステキな言葉ですね。座右の銘にしようかな。
妹尾さんが奏でる音を聞くと、「慈」という文字が浮かんできます。
慈愛、慈悲、慈しみ・・・
今回のメッセージを読んで、
妹尾さんの歩んだ道をなぞるようにしてこの音は生まれているんだと、
思えてきました。
これからも、やわらかく包む雨のような、情熱を秘めた大海のような、
匂いやかな四季を感じさせてくれるピアノ弾きでいてください。
妹尾さんに、出会えて本当によかった♪
Commented by みるひゃ at 2007-03-10 16:19 x
あはは^^;男子校だったんですか。女子大経験はありますが、女子高経験はないな~。ずっと共学でした。
・・・やっぱり、むさ苦しかったの?男子クラスだった友人に言われましたけどね。(爆笑。総数だと男子が多かったんですよ)
ホンシャンライブ。いろんなアーティストさん達で、かなり増えてきましたよ~。はやくしないと希望日なくなるかも。
・・・なんて言ってみたり。(笑←増えたのは本当だよ)

あ、そうだ。以前お話した酒蔵さんとこは、グランドピアノ入らないそうです。う~ん残念だわ。^^;
Commented at 2007-03-10 20:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-10 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-10 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koba at 2007-03-11 00:06 x
はじめまして。昨年はじめて妹尾さんと道山さんのコンサートに行きました。聴けば聴くほど妹尾さんの世界に引き寄せられて、一枚、また一枚とCDが増えてます。妹尾さんにサインをしてもらえばよかったと、一緒に行った姪がとても悔やんでますので、またぜひコンサートに足を運びたいと思います。笑顔がとってもやさしい妹尾さん。ピアノの音色と一緒でとても癒されます。
Commented at 2007-03-11 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 和音 at 2007-03-11 23:14 x
初めて書き込みさせていただきます。

この文章が目に飛び込んできた途端、
一気に読んで、私はあふれる涙がしばらくの間、止まりませんでした。

私も、つい最近、自分自身の人生について
同じようなことを考えていたからです。

「回り道のなかで出逢えたものは、偶然ではなく必然のような気がする。」
そしてそれは全て、自分が進むべき一つの道へ、つながっているのだと‥。
そうだと思うし、そう信じたい‥。

今、ネット試聴で
「Rhapsody in Blue」の頭部分を
繰り返し聞きながら、文章をつづっています。

この壮大でダイナミックな曲が
84台のグランドピアノで演奏されていたら、
ものすごい迫力でしょうね。

妹尾少年が受けた衝撃が目に浮かびました。

紀尾井ホールでの生演奏、是非、聴きたかったです。

私はまだ妹尾さんのコンサートに行ったことがないのですが、
近いうちに必ず「音楽への愛があふれる妹尾さんの生演奏」
を聴きに行ってみたいと思います。
Commented at 2007-03-12 09:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あやめ at 2007-03-12 21:52 x
「まわり道」 は人生を何倍にでも生きられることだと思います。
多くの経験ができるのですから!
試練ではなく琢磨。
無念さにかられることがあっても、振り返れば得たものの方が多いはず。
私はそう信じて、今という一瞬も大切に進みます。
Commented at 2007-03-15 23:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by メロディ at 2007-03-17 18:33 x
妹尾さ~ん 久しぶりにお邪魔します。なんだか ぐぐっと読みいってしまいました。「回り道は~ 素敵ですね。妹尾さん とっても素敵に生きてるなって!改めてそう思います。学生時代の妹尾さんのお写真!タイムスリップしたみたいで 貴重な妹尾少年ですね!またコンサート行きたいな~ベイビを生んだら 是非一緒に聞きたいです!?私はおすもうさんみたいなお腹ですが・・・コンンサートに行ける日はいつになるのか・・・妹尾さんのご活躍 遠くから応援してます。
名前
URL
削除用パスワード
by senoo1969 | 2007-03-08 16:33 | 今日の一曲 | Comments(29)

拝啓 初夏の候、セノオタケシです。2017年6月以降よりFBをメインに日々の出来事を綴っております、よろしくお願いします。


by 妹尾 武
プロフィールを見る
更新通知を受け取る