プロフィール

ニックネーム妹尾 武
自己紹介 1969.12.26. 神戸生まれ。 小学生の頃からピアノを始める。 1984年、大阪フィルハーモニーと 「Rhapsody in blue」を共演。 その後、平吉穀州氏に出会い作曲を師事。 高校時代、Billy Joel、Stan Getz など様々な音楽に影響を受ける。 1995年、大学在学中に作曲した「So Heavenly.」が、細野晴臣選曲・監修のコンピレーションアルバム「ecole」(EPIC SONY) にSenoo名義で収録されたのを機に、プロとしての音楽活動を開始。 同作品はフジテレビ系深夜番組「かしこ(監督:片岡K)」のオープニングテーマに起用された。 2000年にゴスペラーズに楽曲提供した「永遠に」が44週に渡るロングヒットとなり、代表作品の一つになる。 2007年5月、東京都交響楽団の首席チェリスト、古川展生、 若手尺八界の第一人者、藤原道山と「KOBUDO -古武道-」を結成。(ユニット名は古川の古、妹尾の武、藤原の道から) ソロ活動の傍ら定期的に全国ツアーや創作活動を行っている。 2007年5月、 チェリスト・古川展生と尺八奏者・藤原道山とKOBUDO-古武道-を結成。 現在二枚のアルバムを発表し、和の心意気を軸に演奏活動を行っている。 好きな映画は「男はつらいよ」、全48作を所持。 その影響を受け自らのコンサート企画「港めぐりツアー」を毎年行っている。
最も敬愛する音楽家はセルゲイ・ラフマニノフ。
性別男性
年齢47歳
お住まい東京都
職業専門職