<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Summer Sketch

Album 『 Deep In A Dream - The Ultimate Chet Baker Collection』 / Chet Baker (2002) より

a0072337_21451939.jpg


もともと"QUARTET: Russ Freeman / Chet Baker" (1957)
というアルバムに収録されていた曲です。

チェット・ベーカーはウエスト・コーストを代表するトランペット奏者でボーカリストとしても絶大な人気がありますが、この曲にはボーカルは入っていません。
ラス・フリーマンというとても味わい深いピアニストの音からゆっくりと始まって、途中からチェットの気怠いトランペットが色を添えていきます。

晩夏の西の空にゆっくり沈みゆく太陽を眺めながら聴いていたいような
とてもノスタルジックな曲です。
友人に聴かせたら新曲?と聞かれたほど、僕の世界観とリンクしていて、僕自身、この曲を初めて聴いたときゾクっとしました。(笑)
京都や鎌倉の風景を思い起こさせるような和の香りのするフレーズ、
何だか米国の人にも共通する郷愁とかワビサビみたいなものがあるんだなあと感じました。
一般的には中性的な甘いボーカルのイメージのあるチェット・ベーカーですが、この曲は少し異色作とも言えるかも知れませんね。
多分、ラス・フリーマンのアルバムと考えるのが妥当なのでしょう。
いつかカバーしてみたい曲のひとつです。

チェット・ベーカーをあまり聴かれたことのない人には、今回紹介した
ベスト盤の方をお薦めします。こちらのアルバムには彼のボーカル曲も収録されています。

ではでは、今日の一曲でした。

a0072337_2146814.jpg

↑石垣港 6pm

それではまた。


a0072337_2143712.gif
by senoo1969 | 2006-07-28 21:57 | 今日の一曲

『セノー・ライフ』 番外編 〜其の弐〜

a0072337_605111.jpg


こんにちは!
そろそろいい加減に梅雨が明けてほしいと願う今日この頃であります。
雨足の強い地域のかた、大丈夫ですか?

それでは今回は前回に引き続き、セノー・ライフ番外編、僕の旅のお供を紹介します。

(写真左上)
歯ブラシと歯磨き粉です。
これを欠かしちゃマズいですね。
朝の港には爽やかな息を、午後の海辺には白い歯を。(笑)
ホテルに備え付けの使い捨ての歯磨きセットはどうもしっくりこないので、
これは旅に出るとき必ず持ち歩いています。

(写真中上)
僕は普段、だいたいジーンズで過ごしてます。
所有数の7割はリーバイス501か517なのですが、
このリゾート感あふれるトロピカルなのは、自由が丘のトライベッカという
こぢんまりとした粋なセレクトショップで衝動買い。
去年、雑誌の取材やライブでも着用しました。意外に合わせやすいんです。

(写真右上)
僕はワインが好きなので旅行鞄に簡単なオープナーを常備してあります。
これは世田谷の池尻にあるおいしいイタリア料理屋さんのオーナーが土産にくれたもので、ソムリエナイフも付いていて色とシンプルなデザインが気に入って大事にしてます。
最近、村上ポンタさんから素敵な木箱をいただいたのでその中にしまいつつ、
ツアーとかでお客さんからおいしいワインを差し入れてもらったときにも
重宝するので、いつからか持ち歩くようになりました。

僕にとってワインは3000円から7000円くらいがベスト。
それ以上高くてもねえ、正直呑みが進むとよくわかんね〜。(笑)
あとは趣味の世界ですから、会話の脇役にそこそこうまけりゃそれでいいよ。
一緒に楽しく呑める仲間だけはいくら払ってもお金じゃ買えないからね。
そっちのほうが重要。
それがセノー流、ワインとの付き合いかたです。

でもワタクシ、実を申しますと日本酒が一番好きなのであります。
が、撃沈して翌日稼働できないので、よっぽど心の許し合える呑んべえとだけ翌日休みのときにいただきます。こんな曲でも聴きながら・・・

(写真下左)
これは、男の身嗜みセットです。
ピアノ弾きはこまめに爪を切らないといけません。
これはいろいろセットになっているので旅行にはもってこいのアイテムです。
こういう革製品は使い込むほど味が出てきて愛着が湧きますね。
これは5、6年前に横浜のバーニーズ・ニューヨークで買ったものです。

(写真下中)
夏が好き、海が好き、そんな僕に素敵な夏の贈り物をしてくださる方がいます。
普段トワレはほとんど身につけない僕ですが、たまに夏の風呂上がりや
旅先のホテルの部屋などでシュっとやるといいもんですな。
ちなみに写真の後列左の ck one summer と後列右の ultramarine hawaii は
夏季限定の商品らしいです。
「限定」ってなんか言葉の魔力、ありますねえ。(笑)

(写真下右)
言わずと知れたiPodでございます。
ワタクシapple社の戦略にまんまヤラれてます(笑)
トイレにも一台 iPodぐらいの勢いですから。

それにしてもこんな小さなボディーに何千曲も入ってるなんて信じられません。
昔は遮二無二カセットテープに好きな曲編集してせっせとレタリングしたりしたけどね。(年代がバレますね〜)
特に好きな人に進呈するときにはカセットが終わる寸前のFade Outのタイミング、何度もやり直したりしてね。(笑)
僕が高校の頃はまだレンタル・レコードの時代でしたから。
店員さんが次に貸し出す客のために盤にシューっとスプレーするあの匂いね。
独特のレンタル・レコード屋臭、ありませんでした?
「ウン、ウン」とうなずいているそこのアナタは同世代!(笑)

あの頃はあの頃で懐かしいけどあれから十数年、このテクノロジーには脱帽です。
iPodは名刺入れ程度の大きさなので荷物にならずにホントに楽です。
耐久性も良く、リオにも沖縄にも連れて行きましたが今も元気に動いてくれてます。
ホテルの部屋に着くと、写真のドーナツ型のiPod用JBLと合体させてBGMを流すのが習慣です。
まあ一歩外に出たら自然音が素晴らしいのでBGMなんか必要ないんだけどね、
生まれつきの音楽ジャンキーなんでしょうね。(笑)

僕のiPodの裏には生まれた年にちなんで Senoo Since 1969と刻印されてます。
人類の夢と希望を乗せてアポロが初めて月に着陸した年です。

ただ、これからどんなに便利な世の中になっても音楽は大切に聴きたいものです。

以上、『セノー・ライフ』  番外編 でした!

a0072337_6402349.jpg


↑蒼茫@与那国島

ここは西の最果て。降り立った瞬間に他の島々とは違った印象を受けた。
切り立った断崖、蒼茫たる大海、圧倒的な生命の力。
天候が荒れた日は絶壁の岩肌を超えて黒潮の波飛沫が襲うと聞く。

この島には海の底に眠る遺跡がある。
巨大な岩盤状の構造物、その周辺が地上にあったのは六千年も一万年も前とされている。
僕はグラスボードに乗ってその琉球古陸を案内してもらった。
船底のガラス越しに広がる光景に思わず息をのんだ。
ゆらゆらと蒼のなかにひっそり佇むそれは、まるで宮殿のようだ。
神秘的という意外に言葉が見つからなかった。
時折横切る魚に、改めて海中であることに気づく。
デッキに上がると西の果ての空はすべてを知っているかのように優しく微笑んだ。

謎に満ちた最果ての島、いつかまた訪れようと思う。

(Jet StreamのHPに連載させていただいた僕のコラムより抜粋)



というわけで、またお逢いしましょう。



a0072337_871247.gif
by senoo1969 | 2006-07-23 08:08 | 日々徒然

Summer Rain

Album 『Emotional』 / Carl Thomas (2000)より

a0072337_6263952.jpg


Bad Boy所属の正統派R&B/ソウル・シンガー、カール・トーマスのデビュー作。
タイトル通り、今の時期にお薦めの一曲です。
このアルバムに収録されている「I Wish」はその年のマスターピース・バラードとして記憶に新しい人も多いことでしょう。
クールな音の波間を滑るように、ジェントルな歌声を届けてくれます。

a0072337_6422115.jpg





















↑国道134号線沿いのお気に入りの店から窓を伝う雨を眺める。


それではまた。
梅雨が明けるまでの暫くの間の、今日の一曲でした。

a0072337_6305333.gif
by senoo1969 | 2006-07-20 07:16 | 今日の一曲

海の日

みなさん連休はどうでしたか?
今日は海の日、残念ながら東京は雨なのだ。

先週の金曜、土曜と尺八の藤原道山君と演奏旅行に行ってきました。
金曜は三重、土曜は船橋、それぞれ日帰りでしたが楽しい時間を過ごせました。
来て下さった方、どうもありがとう。
そして船橋ではギタリストの小沼ようすけ君も参加してくれました。
引き続き、何カ所かで公演しますのでお近くの方はぜひ、遊びにきてください。

藤原道山 コンサート2006  『 かざうた 』

a0072337_218476.jpg

↑三重、本番前のリハーサル。

a0072337_2191291.jpg

↑日帰りのため、帰りの走る居酒屋『のぞみ』にてお疲れ会。(名古屋〜東京)
キリンラガーは僕にとって思い出深いビールです、はい。

a0072337_21124266.jpg

↑船橋、本番を終えて左から小沼ようすけ君、藤原道山君。

a0072337_2114335.jpg

↑もういっちょ。小沼君の手の動きがおもしろい。

a0072337_21521437.jpg




そして・・・(汗)









それではまた!

a0072337_21262056.gif
by senoo1969 | 2006-07-17 21:23 | 日々徒然

Antonio's Song (Acoustic)

Album 『Rendezvous In Rio』 / Michael Franks(2006)より

a0072337_18583666.jpg


今年でメジャー・デビュー30年目を迎える彼の最新作、
「ランデヴー・イン・リオ」は、まさにこれからの季節にぴったりです。
彼の代表曲「アントニオの唄」の初となるセルフ・カバー・バージョンを始め、
ロビー・デュプリーとのデュエット曲(5)や、Toku氏に提供した(7)
など話題も満載です。

また、彼の日本好きは有名で、「Rainy Night In Tokyo」、「Christmas In Kyoto」
といったタイトルの曲もあったりします。

ぜひ、チェックしてみてください。

a0072337_19201619.jpg

これは、去年訪れたリオのコルコバードの山頂から撮ったパノラマ写真。
朝霧の隙間の光がとても神秘的でした。
マイケル・フランクスの声って、雨や薄曇りの避暑地のような
独特のやわらかな雰囲気があるんだよね。


ではまたね、
レコーディングの合間のスタジオからお届けしました。

a0072337_1922359.gif
by senoo1969 | 2006-07-11 19:35 | 今日の一曲

『セノー・ライフ』 番外編 〜其の壱〜

a0072337_19263031.jpg

Travelin' Tour に合わせて創刊しましたプチプレス、
『セノー・ライフ』 楽しんでいただけましたか?
今日はその中から掲載されなかったものをいくつか紹介します。
題して夏の小旅行編。

a0072337_19232714.jpg


ちょっと一日鎌倉へ、そんな時にこんな鞄。
僕の場合、日帰りのつもりが気まぐれで宿をおさえてしまう場合もあるので
これくらいの大きさがちょうどいいんです。(笑)
のりおりくんは魔法のキップ。
ちょっとした土産も忘れずに、そんな時にこんな鞄。

海に出かけることが多いのでサングラスは必需品です。
デザインも大事だけど、やはり疲れない軽いフレームを選びます。
傘に次いで忘れることが多いので、気をつけるようにはしているのだが・・・。

たまに気まぐれチョイスで二冊ほどの文庫本を持っていきます。
列車で読むことが多いです。
ただし、昼間は景色を楽しみたいので閉じたままです。
演奏旅行の行き帰りなど、夜の列車とかでパラパラと。

「海風香」これは数年前に友人にもらって気に入ったお香です。
サイズも大きめのマッチ箱ぐらいなのでさりげなく鞄に入ります。
まあ名前からしてヤラれましたね(笑)
実際、香りも良く洒落た桐箱に入ってるので贈り物にも良いと思います。
コンサートをしたとき、即興コーナーで参加してくれた人に
プレゼントしたりしたことがあります。

僕が紅茶好きと知って、良くファンの方から茶葉を頂きます。
せっかく頂いたものなので、たくさんあるときは
旅行に持っていくこともあります。
最近は驚くほどいろんなフレーバーがあって楽しめますね。
写真の紅茶も頂き物です。「尾道紅茶」なんてニクいネーミングですね(笑)
ちょっとレトロでモダンな感じがGOODです。
いつもありがとう。

絵の書かれた一枚の布。
これは手ぬぐい、海と花火です。
ときどき休みの日にふらっと江戸の名残を求めて下町を散策したりします。
粋とかイナセとかいう言葉の響きにしびれますね。
僕は旅のお供にてぬぐいをおすすめします。
汗をかく夏の季節は重宝しますよ。
まずタオルなんかより洗ったらすぐに乾くし
旅の宿なんかでさりげなく干していると風情があります。
日本の夏にはやっぱこれでしょ、江戸風鈴とセットでどうぞ。
浅草にあるふじ屋という老舗のてぬぐい店にぜひ行ってみたください。
種類も豊富だし、絵柄の美しさにため息が出ますよ。

みなさんは旅にどんなものを連れていきますか?


それでは今日はここまで、どんよりと梅雨空の晴れ間が恋しい妹尾でした。

a0072337_19272472.jpg
a0072337_1934792.gif
by senoo1969 | 2006-07-09 19:36 | 日々徒然

港めぐりツアー @ 新潟 2006.7.4.


いよいよ『港めぐりツアー2006』、始まりました。

記念すべき第一回は、新潟Gioia Miaという
アットホームな雰囲気の素敵な場所でした。
梅雨の季節、心配していた天気にも恵まれ
日が暮れかかる頃に『Lately』からスタート。
たぶん今までのライブで最も僕とお客さんの距離が近かったんじゃないかな?
なんと今年で78歳というピアノを弾いてきました。
この日は朝早く東京を出発していくつか取材を受けたり、
FM新潟のHot Hot Vibesという番組に生出演させてもらったりしました。

本当に皆さん暖かい方ばかりで、無事に初日を終えることができて感謝です。
そして差し入れになんと!米をいただいたよ。
新潟ならではのサプライズ差し入れだね(笑)。

どうもありがとう。
次回は旅行で青海川の駅に行きたいと思います。

a0072337_1859165.jpg

a0072337_1859278.jpg

a0072337_1944719.gif
by senoo1969 | 2006-07-07 19:00 | 港めぐり日誌

今年も長い夏がはじまる

a0072337_1322199.jpg

みなさんこんにちは!
夏が好き、海が好き、ピアノ弾きの妹尾 武です。
去年から始めた夏季限定ブログ、今年も是非という声をたくさん頂いたので
今年も開店する運びとなりました。
本来、夏は短く儚いものですが好きな季節は少しでも長く感じていたい。
そして僕の音に繋がるであろうみんなの声を少しでも身近に感じたい。
そんな想いのもとに、この架空の海の家を始めました。
此処はいつでも夏休みです。
どうぞゆったりと気楽に立ち寄ってください。
それでは、本館のオフィシャル・ウェブサイト共々宜しくお願いいたします。


a0072337_16112735.gif
by senoo1969 | 2006-07-01 00:00 | ご挨拶


拝啓 陽春の候、     セノータケシでございます。


by 妹尾 武

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
日々徒然
港めぐり日誌
今日の一曲
古武道絵巻

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2015年 10月
more...

フォロー中のブログ

竹林庵

ライフログ










































































現在時刻

公式家頁

Takeshi Senoo
Official Web Site
enter here^^

KOBUDO
Official Web Site
enter here^^

その他のジャンル

記事ランキング